スポンサードリンク

妊娠に必要なホルモンの分泌は「睡眠」がカギ


妊活に睡眠が大事なワケ。 できれば7時間以上、最低でも5時間。睡眠がホルモン分泌の鍵です。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は寝ている間に分泌されています。
できるだけ毎日同じ時間に、できれば夜11時台には布団入り、電気を消す習慣があればベストです。
(参考:日経Woman online 「睡眠不足は女性ホルモンを減らす」

では快適な睡眠はどうしたら得られるでしょうか。
人は体温が下がると眠りに落ちやすくなります。
ですので、寝る前までは体を温めておき、布団の中で少しずつ体温が下がる・・・というのがおすすめです。
寝る前に入浴をする(ぬるめのお湯で副交感神経を優位にする)、シャワーを浴びるなどして、体が温かいうちに布団に入ります。
寝る前は暖色系の間接照明で過ごすことも、眠りに落ちやすくなるコツと言われています。

それでも寝付けない・・・という方にはサプリメントがおすすめ。

妊活サイトColorfulおすすめ!

7039-1442158053-3 妊活に睡眠が大事なワケ。O245889m 妊活に睡眠が大事なワケ。 >>>ルナハーブ詳細<<<b234911e 妊活に睡眠が大事なワケ。
化学成分には頼らない天然素材だけを使ったサプリメント。
休息のハーブといわれる「バコナイズ」が主成分。
その他、16種類のハーブをプラスし、脳内のセロトニンの分泌を促します。
これがストレスや不安をケア。心地よい睡眠へと誘います。
妊活に睡眠が大事なワケ。
バコナイズはインドの伝承医学「アーユルヴェータ」でも使われている歴史のあるハーブです。

>>>ルナハーブの公式ページへb234911e 妊活に睡眠が大事なワケ。

HOMEに戻る