辛い妊活・・・妊娠を諦めようと思ったこと、ありますか?

第66回定期アンケート

当サイトでは隔週水曜日にべび待ちに関するアンケートの結果を発表しています。
今回のアンケートは「妊娠を諦めようと思ったことはありますか?編」と題しましてアンケートを募集させていただきました。
今回ご協力いただいたのは31名の皆様です!
どうもありがとうございます!

妊活―。
赤ちゃんを待つ素敵な時間。
ですが、理想と現実に大きなギャップを感じる方も多いのではないでしょうか。

こんなに苦しいとは思わなかった、と感じる方は決して少なくないと思います。
そんな苦しい妊活。
赤ちゃんを諦めれば楽になる―。
そんな風に思ったことはありますか?

皆さんの率直な意見を聞かせていただきました。

Q1.妊娠を諦めようと思ったことはありますか?

Q1.妊娠を諦めようと思ったことはありますか?

ある 11 35.5%
なんとなくある 11 35.5%
ない 8 25.8%
分からない 0 0%
その他 1 3.2%

ある、なんとなくある、と答えた方が全体の71%という結果に。

多くの方が妊娠を一度は諦めようとしたことがあるという結果になりました。
その他の回答には「諦めというか何となくもう妊娠はできないのかなぁと」という意見も。
自信とパートナーを取り巻く状況によっても、妊娠を諦める気持ちになってしまう可能性もあるようです。

Q2.妊娠を諦めようと思ったことがある方におうかがいします。妊娠を諦めようと思ったキッカケはなんですか?

Q2.妊娠を諦めようと思ったことがある方におうかがいします。妊娠を諦めようと思ったキッカケはなんですか?

年齢に限界を感じた 6 27.3%
子宮・卵巣の状態に不安があった 5 22.7%
医師など医療関係者の言葉でそう思った 1 4.5%
妊活期間が長くなったため 8 36.4%
漠然と授かる気がしない 6 27.3%
精神的な問題があった 3 13.6%
夫婦間の温度差があったため 9 40.9%
他に関心が向いた 0 0%
その他 5 22.7%

この質問でもっとも回答が多かったのは「夫婦間の温度差があったため」というもの。

傾向的には女性側が一生懸命になるというケースが多いようです。
次いで「妊活期間が長くなったため」。
長い妊活期間により、自分自身やパートナーの体に自信が無くなってしまうケースは少なくないようです。

その他の回答には

  • 「色んな事が重なり、難しい状況になりました。」
  • 「流産が続いたので妊娠するのが怖かった」
  • 「社員旅行で海外に行くため」
  • 「金銭的と先々のことを考えて」
  • 「治療が全てイヤになったため」

とありました。

様々な葛藤があった上で妊娠を諦めようと考えるようです。
諦めるのもまた、簡単ではない、ということだと言えます。

Q3.その後、どうなりましたか?

66_3

諦めたまま(妊娠していない) 3 13.6%
妊活再開した 1 4.5%
妊活を再開して妊娠した 10 45.5%
妊活を再開したけど妊娠していない 2 9.1%
妊活を再開しなかったけど妊娠した 1 4.5%
その他 5 22.7%

一番多かった回答が「妊活を再開して妊娠した」というもの。

その他の回答には

  • 「諦めるのをやめたけど、病院通いの妊活はお休み中。」
  • 「次がダメだったら諦めようと思っていた矢先に妊娠した」
  • 「妊活自体は辞めてはなく、治療をやめて二ヶ月自己タイミングで授からなかったら妊活も諦めようとしてた。(治療をやめたのが10月だったので、年内は妊活をと思ってた)でもそれで自然妊娠妊する事ができた」
  • 「何となく思ってただけで妊活を止めなかった。妊娠出来ました。」

とありました。

妊娠を諦めようと考えても、実行に移すには覚悟が必要。
継続したことでよい結果を手にした方も少なくない結果となりました。

Q4.妊活を諦めたご経験がある方におうかがいさせていただきます。その後の心境をよかったら教えてください。

(フリー回答・回答順)

少しホッとしたような。でも、やっぱり寂しいような。
タイミング法と7回の人工受精を試みた期間は、毎回のように諦めたふりをして、諦めた頃に妊娠する説にしがみついていたが、経済的に一度しかチャンスがない予定だった体外受精がダメだったら諦めようと、本当に諦めなければならない状況になったら、気持ちは驚くほど楽になった。
ダメだったら始めたい趣味なども考え始めて、身も心もリラックスしていたと思う。
流産が続いたので怖くて気持ちが後ろ向きになったけどやっぱり子供が欲しくて諦めきれなかった
諦めたとはいえ、やはりどこかで気になり気分が落ち込むときもある。
実際、諦めようと思ったときからネットなどでの芸能人の妊娠報道が増えてきたように感じてしまったりと。
自分自身だけの問題ではないことをとても痛感しました。
出来る限り頑張ってほしいと思っていても、パートナーの体(持病)の状態と、彼の言葉、「欲しいけど、妊活、病院代の事を事を考えら、ムリじゃない!」そして、病院の方から、「このままでは無理です。段階を上げましょう!」と伝えられたときにあきらめました。
どんなに頑張っても一人ではできないことをとても感じました。
あきらめたものの、街中や電車の中でベビちゃんを見かけたときは、やっぱり欲しいと思ってしまいます。
恥ずかしい話、あきらめたのに一人で泣くこともしばしば・・・ってことはあきらめていないのかも。
その都度、もう無理なんだよ!と自分に言い聞かせています。
だから、今頑張っている方、これから欲しいと思っている方、応援しています。
妊活(タイミング)はしていたけど、治療(高度医療)をやめ、妊娠を諦めれた後は、すごく毎日が楽だった。
もう痛い思いやガッカリしなくて済む!旅行も行ったりしてあれこれできる~!って、解放された感覚がありました。
子供がいなかった場合の人生を前向きに考えられるようになった。
妊活も含め、子供にばかり集中することは、ある意味、依存だとはっきりと自覚できてよかった。
目が覚めた。
だがその後夫婦間で色々あり、結局妊活を再開したら授かったので、これはもう神のみぞ知るというかやはり授かり物だと思った。
人智の及ばない領域のことなので、どうかみんな、自分を追い詰めないで欲しいと思う。
現在2人目を妊娠希望してます。
1人目の時は排卵日セックスのみでなんとか授かりましたが、今回は排卵日にすらしていないので、望みが薄そうで少し諦めモードになってます。
諦めよう!!と思ってラクになった事もありましたが、やはり友達や、すれ違う人が2人目妊娠中とかだったりすると少し気持ちがダークになってしましいます。
みんないろいろ事情あると思うのですが、「この人もポン!ってできちゃったのかなー」とか。
とってもダークですね^^;
欲しい気持ちはまだあるので、諦めなきゃかなぁと思いつつ諦めきれてないのだと思います(._.)
諦めた経験がある方の回答欄なのに結局諦めきれてない回答で申し訳ありません^^;

妊娠を諦めようと思った時・まとめ

 いかがでしたでしょうか?
妊活。
巷をにぎわすこの言葉の背景には、たくさんの方の努力と苦悩、涙、喜びなど様々な思いがあります。

妊活は苦しいと感じる方が多いのは、それが本能からくる欲求だからではないでしょうか。

頭で考えて簡単に諦められるなら苦労しません。諦めきれないのは、まだ諦める段階にないから、ちゃんと諦められたのなら、それはそこに達するまでの時間をきちんと過ごしてきたから、だと思います。

一朝一夕に、考え方を変えることは難しいです。
「理屈抜きで今の自分の気持ちはどうなのか?」時々耳を傾けてみてはどうでしょう。
このアンケートが、ご自身の妊活スタイルと向き合うきっかけになってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。