【レビュー】葉酸サプリPATTI(パティ)メリット&デメリットのまとめ

無農薬野菜から生まれた葉酸サプリ

葉酸サプリ「PATTI(パティ)」が他と違うところは、何といっても無農薬であること。
さらには、一つ一つの野菜の産地まで記載。
パティに含まれる13種類の野菜全てが日本各地で作られた無農薬野菜。

妊活中に飲みはじめた場合、妊娠初期に訪れる「絶対過敏期」(最終月経から28~55日)という薬に最も過敏に影響を示しやすい時期に服用される可能性が高い葉酸サプリ。

無影響期 0~3周目 基本的に薬の影響を受けない
絶対過敏期 4~7週目 妊娠期間を通して最も薬の影響を受けやすい
相対過敏期 8~11週目 薬の影響を受けやすい
比較過敏期 12~15週目 比較的薬の影響を受けやすい
潜在過敏期 16~39週目 薬によっては影響を及ぼす。後期~末期は要注意。

パティはこの時期に極力安全に配慮された葉酸サプリメントであると言えます。

また国の定めた上・下限値の規格基準に適合した栄養補給のための食品として、
いわゆる健康食品の一つ上の段階である「栄養機能食品」に認定。

葉酸サプリ「パティ」の詳細へ

サプリメント作りに必須と言われた凝固剤などの添加物も一切不使用


サプリメントはその形態により、被包材(ゼラチン・グリセリン等)、凝固剤(結晶セルロース等)、滑沢剤(ショ糖脂肪酸エステル)などの添加物を一切使用していません。

全て植物由来で作られた葉酸サプリメントです。

各種検査に合格しています

品質試験検査、野菜菌検査など各種試験に合格した原材料のみを使用しています。
過敏な妊娠初期に使うものなので、放射線試験などの実施も。

葉酸だけではない、妊娠に必要な成分を配合

妊娠するために、そして妊娠中に必要となる主成分を各種バランスよく配合しています。
厚生労働省で勧められている1日あたり葉酸400μgはもちろんのこと、食事だけでは不足しがちだけれど、妊娠する上でも、胎児を育てるためにも必要な鉄分も配合。

さらに、カルシウム、各種ビタミン、ミネラルなどもバランスよく配合されています。

実際に使用してみました

今回、葉酸サプリ「PATTI(パティ)」を実際に試してみました。

【表示内容】

ボトルに書かれている表示の全てです↓
PATTI画像2
名称:葉酸・鉄・カルシウム含有食品
原材料名:ドロマイト(Ca、Mg高含有ミネラル素材)、鉄含有酵母、ケール末、海藻カルシウム、硬化なたね油、葉酸含有酵母、野菜混合末(青ピーマン、モロヘイヤ、カボチャ、サツマイモ、生姜、玉ねぎ、トマト、人参、ほうれん草、セロリ、ブロッコリー、レンコン)、澱粉
内容量:48g(1粒400mg× 120粒)

【サイズ】


9mmほどでしょうか。
1cmには達しておらず、一般的には小粒と言われるサイズ。

【匂い・飲みやすさ】

匂いは「鉄分」を思わせる匂いがあります。
実際に鼻に近づけないと分かりません。
飲み込む時には、感じます。
1日あたり4粒なので、比較的多いように感じますが小粒のため、そんなに辛くはないです。
飲み込んだ後に、「匂いが上がってくる」ということもありません。

【効果について】

飲んだからと言って、自覚する変化はなし。
強いて言えば、飲み始めて数日で「肌がきれいになった」「疲れにくい」と感じたものの、
サプリとの関係は不明。

PATTI(パティ)のメリット&デメリットまとめ

実際に試してみた感想、大手口コミサイトなどのレビュー、その他の情報を総評した結果です。

【メリット】

◎無農薬・生産地域が分かる葉酸サプリはパティだけ
◎葉酸だけではなく、妊活・妊娠に必要な成分(鉄分・カルシウム・各種ビタミン・ミネラル)がバランスよく摂取できる
◎保存料などの添加物を使用していないので、長期服用・妊娠中も安心
◎充実した成分の割には低コスト
◎小粒で飲みやすい
◎低カロリー(4粒/日で3.49Kcal)

【デメリット】

◎匂いがある(つわりが始まったら飲みにくいかも)
◎強いて言えばフタが硬くて開けにくい

PATTI(パティ)はこんな人にいいかも

無農薬野菜がたっぷり13種類含まれているので、普段の食事で野菜が少ないかなぁ、と思う方、妊活中から妊娠中、産後の栄養フォローとして、長く愛用するサプリメントを求めている方におすすめです。

ビタミン不足はストレス耐性が弱くなったり、うつのリスクファクターになると言われています。
ストレスの多い生活をされている方にも、パティの良質な各種ビタミン・ミネラルは効果的だと思います。

葉酸サプリ「パティ」の詳細へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。