妊活中の月経期(生理中)どんなふうに過ごしていますか?


当サイトでは2週間ごとに定期アンケートの結果発表をしております。
いつも定期アンケートにご協力頂きありがとうございます。
今回は「みんなの月経期の過ごし方編」をテーマにアンケートを集計いたしました。
ご協力いただいたのは16名の皆様です。
ご協力ありがとうございます。

リセット―。
ベビ待ち中の月経期に対して私達はあまりいい気持ちでそれを迎え入れることは難しいことも。

ですが、このサイクルなくしては妊娠は望めません。
月経期は、子宮の大掃除。新たな周期に向けて、体が前向きである証拠です。そんな月経期の過ごし方について、アンケートをとらせていただきました。

Q1.あなたの月経期の過ごし方について教えてください。月経期に何か特別な過ごし方をしていますか?

はい 7 44%
いいえ 7 44%
その他 0 0%

月経期の過ごし方については、特別な過ごし方がある方、ない方が半数となりました。

Q2.Q1で「はい」と答えた方に質問致します。それは具体的にどのようなことですか?

(以下回答順)
・抵抗力が落ちて風邪を引くなど、体調不良になりやすいので、睡眠を多くとるようにしている。
・布ナプキンを使用する。
・月経期以外は期待を込めて運動したり食事を工夫したりしましたが、生理がくるとリセットされてとにかく落ち込むので、気持ちを切り替えるためにも控えていたお酒を解禁したり甘いもの食べたりと生理後にまた頑張れるように、なるべく溜め込まずリフレッシュするようにしました!
・甘い物は食さない
・引き続きウォーキング
・温かい食べ物飲み物を
・夏でも腹巻き
・お腹を温め生理痛を和らげるヒドイ時は寝込んでしまいますが、それ以外の痛みの時はなるべく動いて体をリラックスし温める。
・布ナプキンを使う
・自分にご褒美
・他の期間に比較的がまんしてる事をする。
パーマやカラー、お酒やコーヒー、甘いものを食べたり。息抜きの意味で。
(以上)

Q3.Q1で「はい」と答えた方に質問します。月経期の過ごし方について何で学びましたか?

病院での指導(医師・助産師による) 1 6%
漢方薬局での指導 0 0%
鍼灸師による指導 0 0%
知人・友人・家族の助言 1 6%
書籍 0 0%
TV 0 0%
インターネット 3 19%
その他 2 13%

生理周期4期(卵胞・排卵・黄体・月経)において、どの回答もインターネットから学んだという回答が一番多かったです。
その他の回答には
「実体験」
「中学生の頃から重い生理痛で悩み自分なりに緩和する方法を学びました」
というように、自分の経験から学んだという回答となりました。

Q4.Q1で「はい」と答えた方に質問します。月経期に特別な過ごし方をすることでなんらかの効果を実感しましたか?

はい 4 25%
いいえ 0 0%
よく分からない 3 19%

約半数の方が効果を実感し、そして半数の方が「よく分からない」という結果になりました。

Q5.Q4で「はい」と答えた方に質問いたします。それはどのような効果ですか?漠然とでもいいので教えてください。

(以下回答順)
・生理痛がなくなった。(もとから生理痛はほとんどないのですが、布ナプキンにしてから、薬を飲むようなことが極端になくなった気がします。)
・子宮内膜症を患っていて生理痛が人よりひどいですが、痛みがいつもより軽い。
・生理痛が緩和される。
(以上)

Q5.Q1で「いいえ」と答えた方に質問します。月経期の過ごし方について、興味はありますか?

興味があり、できる事ならやってみたい 10 63%
興味があるが、やりたいとは思わない 0 0%
特に興味はない 1 6%
興味もないし、効果も期待できない 0 0%
興味があり、過去にやってみたが効果は得られなかった 0 0%
その他 0 0%

興味があり、できるならやってみたいという回答が最多となりました。
(Q1での回答が「はい」であった方もご回答してくれた方がいらっしゃいましたので、「いいえ」と回答された人数より多い結果となっています)

妊活中の月経期の過ごし方・まとめ

月経期にはどのように過ごすべきなのか―。
これに関しても、明確な回答はありません。

東洋医学の中の中医学、そのうちの一つである周期療法という方法の中では、各期それぞれの過ごし方を工夫することで、妊娠しやすい体が作られると考えられています。

そこから抜粋すると、月経期には「血行を良くし、排泄する力を高めること」が大切であるといわれています。

具体的には「充分な睡眠をとり、気血の消耗を防ぐ」「激しい運動は避ける」「薄着や冷たい飲食物などで体を冷やさない」など。食べ物では「なつめ・プルーン・温野菜のスープ・シナモンティー・生姜湯」など。

辛味、酸味、苦味は排泄を促す作用があるので、この時期は意識して摂取するのもいいそうです。肉類は、あまり積極的に摂取しない方がよいとのこと。

月経期はまさにリセット期。好きなものを摂取して、気分転換をするのも大事だと思います。
その時に、ほんの少しだけ上記のことを意識してみるといいのかもしれません。
体調はやはり毎日の過ごし方によって左右されます。
そんな体の声に耳を傾けてあげることも大切な妊活の一環だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。