みんなのおすすめ妊活!「化学的根拠は不明だけど私はこれで妊娠した!」

当サイトでは2週間ごとに定期アンケートの結果発表をしております。
いつも定期アンケートにご協力頂き、ありがとうございます。
今回は科学的根拠はないけれど自分に良く効く妊活方法についてです。

30人の方にご協力をいただきました!
今回のアンケートで多くの妊活方法をお寄せいただき、中にはとても珍しいものから、多くの方が実践されているものまで幅広く集まりました。そのすべてをこちらでご紹介させていただきます^^

みんなのおすすめ妊活ランキング

ここでは、取り組まれている妊活の内、多い順でご紹介させて頂きます。

第1位 冷え取り活動

30人中、14人が冷え取りを普段の生活に取り入れていました。
冷え、中でも骨盤内の冷えは生理不順だけでなく、ベビちゃんをも遠ざけてしまう・・・と考えている方が多かったです。

私もベビ待ち中は冷え取りに力を入れました。
これから暖かくなりますが、冬の次には夏が体を冷やしやすい時期と言われています。

冷たいものを取りすぎず、冷やさない生活をぜひこれからの妊活に取り入れてはいかがでしょうか。

《寄せられた声》

※複数回答いただいた方からは冷え取りに関する部分を一抜粋しております。

  • 足湯をする。
  • 冷たいものを飲まない。
  • とにかく温める!腰にカイロ、腹巻きを常に履くことで、生理痛がかなりマシになりました。
  • 靴下の重ね履き(2枚以上)。レッグウォーマー。
  • 冷え性が原因で、生理不純な女です。
    結婚して今年で四年目、未だ妊娠にはいたっておらず……このままではだめだと思い、産婦人科へ行って来ました。
    (不妊専門ではないです。)その時処方されたのがツムラの【トウキシャクヤクサン】23です。漢方で、不味いですが、冷え性の、のぼせ顔(赤ら顔)だった私が、飲んだその日から!血行が良くなり、顔がのぼせにくくなりました。
    まだ、飲みだして一ヶ月建ってないですが、きっと冷え性は改善されると、思います(^^;)
    先生も「大丈夫、きっと妊娠するよ」と、言って下さったので信じて飲み続けたいとおもいます。
  • マカは本当に手足がポカポカします。
    飲んですぐ実感しました。
    しかし、自力で排卵しなくなってしまったので残念ながらやめました。もちろんマカのせいかは分かりませんが。
  • 生姜紅茶を朝に飲む。温泉。腹巻。
  • 岩盤浴で身体を暖める。生理の時はお風呂に浸からない(冷えに繋がるらしい)
  • 真冬など屋外を歩くときの冷え対策です。
    お腹、とくに丹田(へその下)にぐっと力を入れ、上から吊るされるような気持の姿勢で歩くと、顔の冷えがマシになる気がします。とくにだらだら歩くと5分もしないうちに鼻が冷えて鼻水もだらだらになるのですが、丹田に力を入れて歩くと10分くらい大丈夫です。
  • 漢方薬局で買った婦宝当帰膠をのんでいました。冷え症が改善された気がします。
  • 養命酒などで冷えを改善すると基礎体温も安定する。モコモコ靴下は冷えを改善する。
  • ①冬じゃなくても一年中腹巻をする(お腹を冷やさない)
  • ②夏以外は、腹巻の上から貼るカイロをする。
  • (恥骨の上あたりの「子宮」の上に、熱くなり過ぎないよう気をつけながら)
  • ③冬寝る時は、「電気敷き毛布」を用意し、温かいお布団で寝る。③は、私の親友の母が「数年間授からなかったのに、電気毛布を使った瞬間に妊娠した」という話を聞き、実践してみたら…私も2ヶ月と経たずに妊娠したので驚きです!(それまでなかなか授かりませんでした…温めるって大切だなぁと実感しました。
  • 私のお勧めは、キヨーレオピンと霊鹿参です。
    漢方薬局で勧められたキヨーレオピンという漢方を飲み始めてから経血が固まりじゃなくなり、生理痛も軽くなりました。代謝がよくなり冷えも改善されたようです。
    それを半年程飲み続け、AIHにステップアップしようかと迷っていた時に、どうせ同じくらいお金がかかるならとキヨーレオピンとは別に17000円もする霊鹿参という漢方を飲むことにしました。この霊鹿参は不妊治療を始める前に飲んだことがあったのですが、めちゃくちゃに元気になり不妊のほかに鬱の人にも効果があるとか。飲み始めて最初のタイミングで妊娠しました。タイミング10回目にしてやっとで驚きました。同僚が精神的な理由で飲み始めあっという間に妊娠し、また別の同僚が流産を繰り返していたのですが、飲み始めて無事に出産したことから私も処方してもらったのがきっかけです。
  • はらまき。シルク五本指ソックス+タイツor靴下。ヨガ。トイレの床と玄関の水拭き。
  • 朝に、足湯!冷えた身体が温まる気がします☆
  • 漢方(当帰芍薬散)は冷え症に効く(気がする)
  • 養命酒を飲んでいます。冷え対策のつもりで飲み始めて、もう3本目が残りわずかですが、通常33~38日など、長かった生理周期が30日未満になるなど短くなることが2度ありました。
    あまり短すぎてタイミングとる期間も短くなるのでタイミングとり損ねたりしましたが・・・。食前(または寝る前)なので、飲み忘れること多発(汗)ですが、あまりガチガチに考えずに、忘れても寝る前に飲んだり、次の日はちゃんと3回飲むようにしてます。あと気功に行っています。
    相当ガンコなのか、私の冷えにはまだ効果を実感できてませんが、眉唾という主人の腰痛には効果テキメンだったので、最初だけ月2回、あとは月1ペースでやってもらっています。
  • カーヴィーダンスで体を動かすと運動にもなるし血行が良くなるような気がします。腹巻きは普段からしてるのですが、腰回りは温めたいですね。
  • 体を冷やさないように意識した月。(カイロも毎日☆)
  • 塩風呂、しょうが湯

第2位 食生活を変える

食事時間や、食事内容などを変更したという声も多かったです。
特に洋食から和食に変更した方が多いのにも注目です。

やはり和食は洋食と比べ消化による負担が少なく、また大豆イソフラボンなどの成分が取れることを意識されているようです。体への負担を少なくし、必要な栄養素を補うことは妊娠力をアップさせるために重要なことだと思います。

《寄せられた声》

  • 朝ごはんを週に4~5日和食にして、味噌汁をできるだけ飲むようにしたこと。
  • でも、たまにパンが食べたくなるので、そこは我慢せず、平日は基本和食、土日はパン、というリズムを作ったらストレスなくやれました。
    以前は主人も朝はほとんど食べずに出勤する人でしたが、今は朝起きたらまずテーブルについてくれます。いいリズムができて主人の偏頭痛も軽くなった気がします。(現在妊娠中の者です)
  • 朝イチにグリーンスムージーを飲んで快便に!
  • アラフォ~、はじめての体外受精で3個採卵→3個胚盤胞に→1個移植1個凍結1個廃棄→なんと妊娠できました!半年前にクリニックで「抗酸化力測定」をしていただきました。
    抗酸化力が全くなくて愕然。
    サプリではなく、抗酸化機能のある食べ物を意識しながら体質改善を図りました。ビタミンCとE含有食品→ゴマ(セサミノール)大豆(イソフラボン)玉ねぎ(ケルセチン)唐辛子(カプサイシン)トマト(リコペン)海藻(フコキサンチン)えび・さけ(アスタキサンチン)等々。飲み物は、ルイボスティー、ごぼう茶、トマトジュース等々。
    抗酸化力アップで卵子精子の質アップできたかな~、と思ってます。「糖鎖」にも注目、説明が長くなるので、気になってくださった方は調べてみて下さいね。
  • クエン酸、納豆はよく摂っていました。
    血が止まりにくいと言われたので、血液がサラサラになっていたようでした^^; 摂り過ぎ注意。

食べ物の中にも妊娠という観点から注目を浴びているものはとても多いです。

女性には大豆製品(味噌、豆腐、豆乳など)、ざくろ、ビタミンE含有食品(上記参照)。
ルイボスティーも良いと言われていますね。

卵子の生成に欠かせないコラーゲンやタンパク質を積極的に補う方も多いですね。

男性の場合であれば亜鉛が含まれている貝類(牡蠣が代表)、くるみなどもいいと言われています。  

良いと言われるものを過剰に摂取するのではなく、毎日の生活にちょっとだけプラスする方法であれば、ストレスなく続けられそうです。

ただし、大好きなもの(お菓子やお酒、脂肪分の高いものなど)を減らそうと考えた時、ストレスとのお付き合いも重要。 全く食べなくするのではなく、ほんの少しにする、または種類を変える(洋菓子→和菓子など)等で工夫をし、うまく調整していくことも大切だと思います。

第3位 運動をする

 

多くの妊活の本などのメディアや、ネットなどで、妊活の一つとしての運動療法が人気です。

目的としては血液循環を良好にすること、筋肉を動かす事で熱量を作り出し、冷えを予防するということ。

それ以外にも最近では運動で筋肉が動く事で作り出される乳酸が卵母細胞を栄養する可能性も指摘されています。

適度な運動は全身の血流を改善し、ストレスの軽減など妊活以外にも多くの場面でプラスに働くことが分かってきました。この機会にぜひ日常生活に運動をする時間というのを加えてみてはいかがでしょうか。

《寄せられた声》

  • ラジオ体操、毎日15分歩く
  • 運動(電車から自転車通勤に替えた)ことで冷え性が改善した気がします。
  • 足縛り健康法で骨盤を整える、リンパマッサージに通う
  • ファータイルストレッチと冷え取り靴下(5本指)をやり始めたら、冷え性が改善されてきた気がします。
  • 深呼吸です。普段の意識しない呼吸はとても浅いのですが、気付いた時にいつでも腹式呼吸をゆっくり何度か繰り返したり、短時間でもヨガをしたり。それが多くできた周期はホルモンや交感・副交感神経のバランスが落ち着くのか低温期から速やかに高温期にうつりました。
  • ストレッチ

毎日運動する時間を作る暇がない!という方には雑巾がけがおすすめです。
腹筋や背筋をまんべんなく使い、お尻を高くして拭く姿勢は下垂した臓器にとってもいい影響を与えると考えられます。

以上が寄せられた妊活方法の中で多かったものベスト3です。
他にもとてもためになる意見をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

  • セクシーランジェリーを着る!最近始めましたが、普段とのギャップがいいのか、旦那さまが興奮してくれました(*^^*)
  • 『ザクロのしずく』…基礎体温が整った気がします。おいしくて続けられました。
  • 『布ナプキン』…経血が減って、少しサラサラになりました。化学繊維ではなく、布を肌にあてることで経血が減るのだそうです。
  • 仕事を辞めてストレスから解放、妊活を少し緩めて趣味に没頭
  • あまりこれと言ってないですが、基本基礎体温の低い私ですが、12時前に寝る様になって、低温期が少し上がった気がします。いつもは1時に寝ていた私が、本格的に妊活を初めてまず最初にする時間を早めました。
    前までは低温期35℃台でしたが、今は36.2℃くらいになりました。
    色々と試した経験がないので、これくらいしか思いつかずすみません。
  • 夫婦仲がいい時にベビがやってくる。
    ギクシャクしている時には、タイミングあわせていても、ベビはやってこない。妻のホルモンの問題なのかなぁと思っていますが、ベビがわかっているのかも、とも思います。
    なので、夫婦が愛し合っていることが一番!
  • 布ナプキンにすると経血がサラサラになる
  • 独り言(笑)声を出すと(口でも何でも)気持ちがスカッとするような気がします
  • 布ナプキン(ケミカルナプキン以外のものにする)
  • アロマオイルでマッサージ

みんなのおすすめの妊活・まとめ

いかがでしたでしょうか。
毎日の妊活にプラスできそうなことは見つかりましたか。

なかなか妊娠に至らない理由として確かに個人差は大きいです。
とはいえ、その可能性を高めるためにもできる事を継続して行うというのは重要だと思います 。

私自身、マカやビタミンEなどのサプリメントからはじめ、運動療法、食事療法、十分な睡眠を取り、タイミングの取り方なども工夫しました。
何が妊娠に結びついたのか、また生理痛の解消になったのかは分かりません。

ですが、やらないよりはやってよかったと思っています。
一日も早くベビちゃんに会うために、頑張っている人というのは、とても有意義な事をしているという気持ちを忘れず、継続することでいい効果に結びついて欲しいなと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。