bebimatiblog べび待ちブログのご紹介
スポンサードリンク


ベビ待ちを始めると、些細なことでも検索魔に・・・。
検索してもはっきりした答えが分かるとは限らないし、余計に不安になることもしばしば・・・。
かといって検索せずにはいられない!という気持ちも分かります。
そんな時に、少しだけ肩のチカラを抜いて読んで欲しいのはベビ待ちさんの書いたブログです。
多くの問題は、ベビ待ちさん達の共通のお悩みであることが多いのです。 今、自分が調べようとしていたことを先にクリアしたベビ待ちさんはきっといます。
しかも、それだけじゃない―。
悩んだり苦しんだりしながら綴るベビ待ちさん達のブログは、苦しい時は何よりの薬になるでしょう。 
『自分だけじゃないんだ―。』その思いは勇気に、そしてまた頑張ろうというやる気にもなります。 

道に迷いそうになったら、

ここで今の自分にピッタリなベビ待ちブログを探してみませんか。 
きっと素敵な出会いになると思いますよ。

 

l1 べび待ちブログのご紹介l2 べび待ちブログのご紹介l3 べび待ちブログのご紹介l4 べび待ちブログのご紹介L5 べび待ちブログのご紹介l6 べび待ちブログのご紹介l7 べび待ちブログのご紹介l8 べび待ちブログのご紹介

PCOSburoga- べび待ちブログのご紹介

「かわうそ子作り」
w-1 べび待ちブログのご紹介

かわうそさん
北海道在住、27歳。webデザイナー。

重複子宮・PCOSと戦いながら、ベビ待ち中。稀ではないと言われる重複子宮ですが、それに関する情報は少ないのが現実。そんな中でリアルな情報を発信してくれる貴重なブロガーさんです。現在は不妊治療(主にタイミング療法とHCG補充)を受けながら前向きにベビ待ちをされています。
ご自身の感情を隠すことなく、素直に書き綴られるブログは、同じような状況のベビ待ちさんなら共感できること間違いなしです^-^

URL:http://ameblo.jp/kawausobreed/

「3人の天使&僕ちゃんmama/Diary☆」

w-2 べび待ちブログのご紹介ぇりぼんさん
千葉県在住、主婦。

2008年7月ブログ開設。2011年8月31日第一子が誕生するものの、同年9月1日に突然死された。これによりブログは閉鎖の危機が危ぶまれたが、彼女は体調が許す限り、少しずつ書き始めてくれました。ベビ待ちを再開するものの、PCOSとの診断が下り、これからに不安を感じながらもベビ待ちを継続された結果、あれから約1年経過した今、新しい命を宿し、そして無事に男の子が誕生!
辛い過去がありながらも、明るく前向きな語り口調で書き綴られるブログは、ベビ待ちさんじゃなくとも、読むものを明るく元気にしてくれるビタミンのような存在です。

URL:http://ameblo.jp/eri6199/

Uhuru ni polepole maisha~一念通天~

w-7 べび待ちブログのご紹介PolePoleさん
群馬県在住、Webクリエイター。

元々生理不順であったため、将来の妊娠に向けての検査を実施。その結果、2010年6月『多嚢胞性卵巣』が発覚、治療開始となった。多嚢胞の中でもセロフェンやHMGといった誘発剤が効きにくいタイプであったため、治療成果を実感するまでに1年4ヶ月かかる。しかしあきらめずに継続した結果、2011年9月、初めての排卵を確認!
その後3年間交際していた彼からのプロポーズにて、2012年1月1日の結婚。それをきっかけに再び治療を再開。現在は顕微授精を視野に入れて積極的に治療をされている。PolePoleさんのブログはPCOSの方にとっては読み応え十分。情報面もさることながら、日常部分の描写もユーモラスで、思わず笑顔になれるようなブログ内容です。
(追記)2013年9月、2回目の体外受精により、男の子を授かり2014年2月に出産。 (20014/07/07現在)

URL:http://ameblo.jp/pole-pole–uhuru/

TOPへ戻る