dai-93 第93回定期アンケート結果発表!(妊活ブログ編)

スポンサードリンク

当サイトでは隔週水曜日にべび待ちに関するアンケートの結果を発表しています。
(※アンケートはTOPページより随時募集しております)

今回のアンケートは「妊活ブログ」と題しまして、
アンケートを募集させていただきました。
今回ご協力いただいたのは22名の皆様です!
どうもありがとうございます!

妊活―。
長く続けるうちになんだか孤独感に苛まれることがあるかと思います。
そんな時、ふと「同じく妊活を頑張っている人っているのかな」と考えることもあるのではないでしょうか?
こうして出会うのが「妊活ブログ」なのかもしれません。

今回はそんな妊活ブログについて、アンケート調査させて頂きました。

Q1.妊活中に妊活に関連するブログの運営をされていますか? 

2016y10m12d_102316962_R 第93回定期アンケート結果発表!(妊活ブログ編)
している 7 31.8%
していない 10 45.5%
以前はしていたが今はしていない 4 18.2%
妊活と関係のないブログを運営している 1 4.5%
その他 0 0%

最も多かった回答は(妊活ブログを)「していない」というもので、45%以上。
ついで、「している」が31.8%となりました。

Q2.妊活ブログを読んだり、運営したりする中で「ブロ友」さんはできましたか?


ブロ友=ブログで知り合った友人のこと。
2016y10m12d_102339400_R 第93回定期アンケート結果発表!(妊活ブログ編)

できた 8 40%
できなかった 6 30%
一方的に知ってる程度 5 25%
一時的に仲良くなったが今は疎遠 1 5%
その他 0 0%

ブロ友さんができたという回答が最も多く40%となりました。
次いで、「できなかった」が30%。

読むだけがメインになる場合にはなかなかブロ友さんはできにくいため、積極的にブロ友さんを作ろうと思った場合には、コメントを書いたり、自身のブログ運営が大切になりそうです。

Q3.ブロ友さんができた人にうかがいます。ブロ友さんはあなたにとってどのような存在でしたか?一番近いものを選んでください。

2016y10m12d_102351902_R 第93回定期アンケート結果発表!(妊活ブログ編)

同じ「妊活」を戦う戦友 7 50%
心の支え 4 28.6%
何でも話せる存在 1 7.1%
疑問を解決してくれる先生のような存在 2 14.3%
ライバル 0 0%
ストレス要因 0 0%
その他 0 0%

ブロ友さんの存在にとって、最も多い回答となったのが「同じ妊活を戦う戦友」で回答くださった方の半分がそう感じているようです。

次いで「心の支え」「疑問を解決してくれる先生のような存在」となり、ブロ友さんの存在は多くの場合プラスの立場となってくれるようです。

Q4.妊活中にブログを始めることは賛成ですか?反対ですか?

2016y10m12d_102413620_R 第93回定期アンケート結果発表!(妊活ブログ編)

賛成 19 95%
反対 0 0%
その他 1 5%

妊活中にブログを始めることを「賛成」とする方が95%となりました。
その他の回答には
「同じように辛い思いをしているため、色んな部分で共感や励まし合いができる反面、その人が妊娠した途端、また取り残された気になるから。
一長一短なので、手放しでお勧めはしません。
性格にもよるかな?私はブログを書いていて良かったです。」
とありました。

確かに、妊活で励ましあっていたブロ友さんの妊娠は嬉しい反面、どこか寂しさや言葉に出来ないもやもやを感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。

リアルの友人や知り合いの妊娠報告で落ち込んだ経験がある方は少なくないと思います。
ブロ友さんであっても、妊娠報告にはやはり動揺が伴うものなのかもしれません。

Q5.Q4で「賛成」または「反対」と答えた理由がありましたら教えてください。

(フリー回答)
普段まわりに言えない事がブログでは書けたり、ブロ友さんのブログに救われたりしたため。
リセットした時は前向きに妊活されているぷらっささんのブログに助けられていました。
せっかくなので、何か形に残すことは、良いと思います。
私の場合は引っ越した先での土地勘のないままの妊活でした。ブロ友さんもできましたし基本的には賛成です。
ただ、子供が産まれたり妊活を断念されブログもやめてしまわれた方もいて段々疎遠になってきました。
今は2人目を妊娠中ですが、当時のブログにはその事を書けない自分もいます。
時間とともに境遇が変わってくるので負担に感じてきたためあらたなブログに移転したりしました。
同じ様な立場の方がいると色々相談し合えると思います。
妊娠は競争じゃないけど、でもやっぱり他の方が先に妊娠ってなると複雑な気持ちになることもありそう…
参考になる人がいるだろうし、同じ立場なら励まされるから
妊活ストレスを発散してすっきりするととともに、同じように頑張っている仲間の存在に前向きになれる。
ブロ友さんの妊娠は心から喜べてそんな自分がうれしかったり。ブロ友さんから参考情報を得られて取り入れたことが妊活にプラスになったりもした。
自分を客観視することができるし、見た人も励まされる
つらいことも書けばスッとすることもある。
周りには言えない悩みも、誰かが読んでくれていたり、同じ境遇にある人からコメントもらえたりして、身近な友人とは違った形で心の支えになったりするから。
なかなか人には出来ない話。でも一人で抱えてしまうとストレスで上手くいくものも上手くいかない。
自分の心の中のを出すだけでも効果はあると思うし、そういう方のブログを拝読するだけでも気持ちが楽になると思いますしアドバイスなどもあったりして、私はいいと思いました。
一人じゃないって思える。
日々の記録にもなるし、情報を共有しあったり、励ましあったりできるため。
1人じゃない、ってことが客観的に感じられるから
同じ悩みを共有できる
どんな風に悩んでどんな風に解決してとか、こういう物があると便利とか情報を共感出来ることで勉強させてもらってるのでブログは賛成です。
悩んだり、不安だったり、いろいろあるので、吐き出す場所があるのはいいことだと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊活ブログは情報収集や心の支え、同じ悩みを抱える人との交流では励ましや元気、やる気をもらうことも多いという利点もあります。
その反面、「もしあの人が妊娠したら・・・?」という不安や、実際にブロ友さんが先に妊娠してしまった報告を見て気が滅入るのもよくあることです。

さらにブロ友さんの妊娠報告を喜べない自分に嫌気がさす、というおまけつきだったりします。
安易におすすめすることはできませんが、個人的には妊活ブログなくして妊活できたらどうか疑問、と思えるほどブログに依存していた人間です。

とても「それでいい」とは思いませんが、少なくとも妊活ブログで出会う方達との交流は温かさに溢れていました。

なかなか妊娠に至らない経験をしているからこそ、かけてくれる言葉も身に沁みるものばかりでした。

不安、孤独、寂しさと戦いながら妊活を頑張っているのであれば一度、妊活ブログを覗いてみてはいかがでしょう。

そこでのやり取りの多くはとても心温まるものだと実感してもらえると思います。



HOMEに戻る