rinsyou 妊活に関する臨床データ・医師ブログなど信頼できるサイトのまとめ

スポンサードリンク

べび待ちと言っても様々な方法が世の中に溢れています。
その中から何を選択したらいいのか―。迷ってしまうこともあるかもしれません。
そんな時に参考にして欲しい「説得力のある臨床データや医師ブログ」などをまとめてみました。

参考にしつつ、自分らしい「妊活」を見つけていけたら嬉しいです。

冷えに関するデータ

“冷え症の自覚のある妊婦のほうが前額部深部温と足底部深部温の温度格差が大きい”

冷え症の「診断基準」を考えるために、6~7月、10~11月の時期に妊娠20週以降の妊婦230名を対象にして前額部と足底部の温度測定を実施し中村幸代氏が導き出した結果。 「客観的指標となる温度格差は冷え症の自覚を反映していることが示唆された」としています。
《参考 助産雑誌 2012年 11月号 「冷え」と妊娠・出産 医学書院》

“卵巣機能不全不妊症には水毒が大きく関わっていることを考察している”

2009年5月~9月に横浜朱雀漢方医学センターで実施された不妊を訴える女性25名に実施された漢方薬の効果検証。
不妊を訴える患者の多くが「冷え」の自覚があり、この実証では漢方薬で自覚症状の改善が図れた女性が妊娠に至ったとある。
漢方目線で、妊活したい方に一読していただきたい内容です。
《参考 漢方と最新治療 不妊症患者の証に関する統計学的検討 》

“冷えと不妊は全く関係がありません”

産婦人科医で性科学者の宋美玄医師の言葉。2014年2月に「女のカラダ、悩みの9割は眉唾」という本を出版。
女のカラダについて言われている数々の言い伝え(?)を辛口に評価しています。
そんな宋美玄医師いわく、「子宮は骨盤の中にあり、太い血管に囲まれた身体の中で最も温かい場所にある器官です。手足やおなかが少しくらい冷えても、全く影響を受けません。『妊娠 したいならまず腹巻を』なんて記事も見かけますが、根拠がなさ過ぎる。サーモグラフィーで体温を解析した上で妊娠率を比較したデータなんてありませんか ら」と指摘する。
《参考 マイナビニュース 2014年9月26日 》

“95.9%の女性が「冷えを感じる」と回答”

株)エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』でのアンケート調査内容。
 調査実施時期 : 2013年 11月~2014年 1月
調査方法および人数 : 『ルナルナ』サイト内にて会員3,997名
病名にはない、明確な定義もない、騒いでいるのは日本人だけ―。これほど曖昧模糊とした「冷え」ですが、少なくとも日本人女性の多くは「冷え」の存在を感じています。
《参考 PRTIMES 「カラダの冷えについて」の調査結果 2014年3月4日 》

“「村田さん、この画像見たらガンがあったなんてわからないよ」”

こちらは実際に冷え取りを実践した方達の声を集めた「NAVERまとめサイト」より。
不妊だけではなく、アトピーや癌など幅広い層で冷え取りの効果を実感された声をピックアップしています。
《参考 NAVERまとめ 「冷えとり」健康法の効果と、よろこびの声を集めてみた 》

睡眠と不妊に関するデータ

“内分泌のリズムは睡眠のリズムと相関している”

女性ホルモンと睡眠は密接に関係しています。
ホルモンの分泌量に応じて睡眠の質が変わるとともに、睡眠不足はホルモン分泌に影響します。
そんな「睡眠と女性ホルモンのメカニズム」について分かりやすいサイトをピックアップしました。
《参考 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部 》
《参考 ASLEEP 睡眠のメカニズム 》

“メラトニン摂取で体外受精における受精率、妊娠率が上昇”

メラトニンは人を眠りに誘う「睡眠ホルモン」と呼ばれるホルモンの一種。
このメラトニンには強力な抗酸化作用があり、これが卵子の質の向上に繋がっているとした臨床研究データがあります。(山口大学医学部産婦人科・杉野教授らの研究)
《参考 妊娠しやすいカラダづくり 睡眠ホルモン メラトニンに注目 》

”メラトニンのメリットもデメリットも現段階では明らかなものはありません”

メラトニンの強力な抗酸化作用は生殖器官も保護し、不妊に有効であるという論文の他、メラトニンと体外受精に関して5つのランダム化試験の実施をしたものの、採卵数、妊娠率、流産率、生産率、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)発生率、胎児異常率に有意な相違を認めなかったという報告もあります。
現時点ではメラトニンが妊娠率を高められるかどうか明確に言い切れることはできません。
ですが、睡眠や生活リズムの改善により多くの方が妊娠されたという結果を、私が運営するブログを通してたくさん見てきました。
今後、大規模な臨床研究が行われる事を期待します。
《参考 松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ 2014年3月17日 》
《参考 NCBI Melatonin supplementation during controlled ovarian stimulation for women undergoing assisted reproductive technology: systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.2014 》

 

ストレスと不妊に関するデータ

“ストレスが及ぼす影響については、なかなか一筋縄ではいかない”

こちらのサイトでは、2つの臨床研究の結果を載せています。
NIH(アメリカ国立衛生研究所)の研究者は、妊娠を望む18〜40歳の274人の女性の唾液中のストレスマーカー物質を測定し、その後、妊娠の有無を6周期にわたり調査。結果、ストレスの目安とされる物質「アルファミラーゼ」の濃度が高いほど、妊娠率が低くなることが明らかに。よってグループは「「ストレスは妊娠しづらくさせる可能性がある」と結論。
しかし、イギリス・カーディフ大学の研究グループは、これまでに実施された3,583組のカップルを対象にした14の研究データを統合・解析して、治療前のストレ スが体外受精の治療成績にどのように影響を及ぼすのか調査。
それによると、体外受精の治療開始前のストレスレベルは、その周期の治療成績と相関関係が見られなかった、という結果に。
《参考 妊娠しやすいカラダづくり ストレスとうまくつきあう 》

“男性のストレスが緩やかな影響ではあるが治療の成績を悪化させる”

女性だけでなく、男性のストレスも影響するという論文。
《参考 Fertility and sterility:Infertility-related stress in men and women predicts treatment outcome 1 year later 2004

“仕事のストレスと精子の質との関連は見られませんでした”

しかし、ストレスの種類によっても影響の出方は違うようです。
《参考 Fertility and steritily:Effects of work and life stress on semen quality 2014
上記論文を分かりやすく日本語でまとめてくれているサイトはこちら

喫煙・カフェイン・アルコールと不妊に関するデータ

“女性の喫煙は、不妊の割合を60%増にさせます”

喫煙による影響だけではなく、飲酒やカフェイン、体位、タイミングの回数などについてASRM(アメリカ生殖学会)の韓国を元にまとめられています。
《参考 徐クリニックARTセンターBlog 自然妊娠の最適条件 2013年11月2日 》

“ワインを飲む女性のほうが妊娠までに要する期間が短かった”

女性の飲酒が妊娠率を低下させるかどうかは各国で臨床研究をされているものの、結果は統一されていません。
ワインを飲む女性の方が妊娠までに要する期間は短かったと結論づけたのは、29,844名の妊婦を対象にしたデンマークの試験です。
《参考 妊娠しやすいカラダづくり 妊娠しやすいカラダに最適化しよう 2010年4月27日 》

肥満・ダイエットと不妊に関するデータ

“肥満でアディポネクチンが減ると卵巣の皮が分厚くなって、 卵子がうまく育たなかったり、排卵しにくくなったりする”

妊娠前後の肥満が妊娠に影響する理由を科学的根拠をまじえて詳しく説明。
《参考 医療法人オーク会 不妊治療とダイエット 》

“多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれる症例には、肥満の人が多い”

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は肥満を起こしやすいと考えられ、相互関係があるようです。
《参考 嚢胞性卵巣症候群、女性不妊と肥満の密接な関係 》

ミトコンドリアと妊娠に関するデータ

“ミトコンドリアを注入し、妊娠率が上昇した”

台湾の産婦人科チームによる臨床試験。本人の顆粒膜細胞(卵子をとり囲んでいる細胞)から抽出したミトコンドリアを高齢などで劣化した卵子の中にこのミトコンドリアを追加することにより、新しいエネルギーが生じてきたのであろうと推測されています。
《参考 セントマザー産婦人科医院 トピック 》

DHEAと妊娠に関するデータ

“DHEAを補充することでホルモンバランスを整え、卵巣の反応性が改善される”

上記内容がアメリカで多数報告されたとのこと。
国内の不妊治療クリニック等でもDHEAのサプリメントを取り入れた治療を開始したところもちらほらあります。
しかしながら、DHEAは副腎で合成される弱い男性ホルモン作用を持つ、テストステロンおよびエストラジオールの前駆体
短期間(数週間から6ヶ月)、適切に摂取すれば安全性が示唆されていますが、積極的に使われている印象はない。
国内生産されていないサプリメントということもあり、まだまだ検証の余地はある治療法の一つか。
《参考 高橋ウィメンズクリニック アンチエイジングと生殖医療 》

“体外受精を行う際に卵巣機能の低下した低反応群においてはDHEAの投与は妊娠率を上げて有効となる可能性があります”

イスラエルのIVFセンターでの結果をまとめた生殖医療専門家 両角和人医師のブログ。分かりやすい言葉と内容で、科学的根拠のある情報をたくさん更新しています。
《参考 両角和人のブログ DHEA 2011年6月5日 》

“40歳前後の方がDHEAを服用すると、卵巣の機能が高まり、いい卵胞が得られる”

いくつかの症例を載せています。国内症例などもあり、DHEAの効果についてわかりやすいです。
《参考 米国統合医療ノート 2009年7月5日 》

 男性不妊関するデータ

“男性不妊をもたらす4つの原因”

乏精子症、EDなど具体的な精子に関係する病名について分かりやすく説明。
治療法なども書かれているので、診断がついた方にぜひ読んで頂きたいビギナーさん向けの記事になっています。
《参考 東洋経済ON LINE 男性不妊をもたらす4つの原因 》

“亜鉛はセックスミネラル。生殖機能の維持など生殖系において重要”

原因不明不妊の背景に亜鉛不足を指摘する声があります。
そんな亜鉛と男性生殖・女性生殖の関係を動物実験の結果を踏まえて詳しく説明。
亜鉛不足は不妊と強い関わりがあるということを改めて再認識させられる内容となっています。
《参考 亜鉛と生殖 2008年 PDF 》

“抗酸化サプリメント成分の複合剤4ヶ月の服用で精子運動率の優位な改善が認められる”

抗酸化サプリメント成分の複合材とはL-カルニチンや セレン, コエンザイムQ10, 亜鉛などを含有したサプリメントのこと。
DHC Drブログとして有名な医学博士蒲原聖可医師のブログ。
DHC Drということもあり、ブログ内容は主にサプリメントに関する内容ですが、詳細な臨床データなどの記載もあり、サプリメントに科学的根拠を求める方にオススメしたい内容。
《参考 DHC Drブログ 医学博士蒲原 聖可ブログ 2012年12月10日 》

“ビタミンD欠乏動物では精子数の減少や運動能の低下が起こる”

こちらもDHC Drブログを参照しています。
ビタミンD不足が精子に及ぼす影響をまとめたもの。

《参考 DHC Drブログ 医学博士 蒲原聖可ブログ 2011年6月1日 》

“トマトジュースで精子の運動率の向上”

カゴメ、国際医療福祉大学病院の共同研究で明らかになったトマトジュースと精子の関係。44人と症例数は少ないが、6週目に優位に精子の運動率の改善が認められ、トマトジュースは精子無力症に対して改善飲料となり得ることが示唆された。 また抗炎症作用も有することが明らかになった、とある。
《参考 カゴメ株式会社 研究成果サマリー 2011年12月7日 》

“精子の数は4ヵ月後から増えはじめ、10ヵ月後には10倍近くに”

ビタミンE200mgを連日摂取した時の精子の増加率を調べた研究。
ビタミンEは「子宝ビタミン」とも言われ、妊娠を望む男女両方に重要なビタミンとされています。
《参考 Peachy「子宝力」や「精力」を高めるビタミンEのすごい働き 2014年10月20日

マカに関するデータ

“マカの薬効は不妊改善、妊娠促進、男性機能の改善(精液量や精子数、運動性精子数、精子運動性の改善)、月経サイクルの正常化、更年期症状の緩和”

それだけじゃないです。男女の生殖に対して有効に働きかけるのはもちろんのこと、最近ではヒアルロン酸の促進効果も発見。
マカサプリメントを継続して飲むことで、美肌効果も期待できます。
先進国からの注目が集まるマカ。これからますます研究が進むものと思われます。
※当サイトでおすすめしているマカサプリメントはこちら
《参考 マカの研究関連情報 》

タイミングに関するデータ

“毎日性交すると妊娠率が最も高くなります”

タイミングについては禁欲期間を設けた方が精子が濃くなり、妊娠率が上がるという認識が広がっていましたが、実際のデータでは、毎日が最も妊娠率を高めると分かりました。
○毎日性交した場合の周期あたり妊娠率は37%

○隔日性交した場合の周期あたり妊娠率は33%

○週に1回性交した場合の周期あたり妊娠率は15%
《参考 妊娠しやすいカラダづくり エビデンスにもとづいた妊娠しやすい夫婦生活とは? 2010年10月25日 》

 

面白い妊活関係の情報

“ツボはWHOが認める療法”

ツボというと、東洋医学的な要素が強く、眉唾モノ、と考える方も多いと思いますが、意外にもWHOで認められた療法になります。
《参考 All about WHOも認めるツボの有効性 》

“木村さんのルーツ”

べび待ちの御守として名高い「木村さん」。
なぜ木村さんがべび待ちの御守になったのか、そのルーツが書かれたページがありました。
《参考 子宝の神様 木村さん 》


HOMEに戻る